医療保険制度の改正(2)

更新日:2007/2/15

平成18年10月から出産育児一時金が35万円に引き上げになりました。

被保険者・被扶養者である家族が出産したときに支給される一時金が5万円増額され、1児につき35万円が支給されます。

改正前→30万円

   ▼    

改正後→35万円

埋葬料(費)・家族埋葬料の支給額が変わりました。

<健康保険>

 被保険者が死亡したときは埋葬を行った家族に故人の標準報酬月額の1ヶ月分(10万円未満のときは10 万円)、家族がいないときは埋葬を行った人に埋葬料の範囲内で埋葬にかかった費用(埋葬費)が、また被扶養者となっている家族が死亡したときは被保険者に 10万円が支給されていましたが、今回の改正により、埋葬料・家族埋葬料については一律5万円が支給されます。

埋葬費については、5万円の範囲内で埋葬にかかった費用が支給されます。

改正前
改正後
埋葬料(費)

標準報酬月額の1ヶ月分
(最低10万円)
※埋葬費は埋葬料の範囲内で
埋葬にかかった費用を支給

5万円
※埋葬費は、5万円の範囲内で
埋葬にかかった費用を支給
家族埋葬料
10万円

戻る