医療費控除について

更新日:2009/1/15

1月~12月までの1年間の医療費等が10万円 (10万円または所得金額の5%、どちらか少ない額)を超えると、 医療費控除の申告することにより、所得税が還付される場合があります。

計算式は下記のとおりです。

対象となる医療費等は、治療費、出産費用、医薬品の購入費、通院のための交通費などです。
ただし、美容のための歯科矯正や美容整形、疲労回復や健康増進などを目的とした医薬品(漢方)の購入、
通院のための自家用車のガソリン代などは対象となりませんので、注意しましょう。
具体的には、国税庁のHPでご確認ください。

申告に必要なものは、以下のとおりです。

・領収書またはレシート

・源泉徴収票

・医療費を補填する金額の分かるもの
  (健康保険からのお知らせや、生命保険会社からの給付金支払通知書など)

・印鑑

・振込口座の分かるもの

詳細はお住まいの税務署でご確認ください。

戻る