環境配慮型の住宅

更新日:2009/7/15

省エネや耐久性に優れた環境に配慮した住宅への関心が高まっています。これから住宅を建てる方や、増改築・リフォームを考えている方は、環境に配慮した住宅を検討してみてはいかがでしょうか?

種類 特徴など
オール電化住宅 ガスを使わないので空気を汚さない。
光熱費が削減。エコキュートを利用すると国からの補助金(平成21年 41,000円)あり。
ガス利用住宅 エコジョーズ(ガス高効率給湯器)を利用するとCO2の排出量を13%削減することが可能。
国からの補助金(平成21年 22,000円)あり。険
太陽光発電システム 発電する際にCO2を発生しない。自家発電できるので電気代の節約になる。
あまった電気を転売することも可能。国からの補助金(平成21年 1kwあたり7万円)あり。

また、優良住宅を取得するときの金利を優遇する“エコ住宅ローン”や、省エネに加え、耐震性やバリアフリー性、さらに耐久・可変性において一定の基準を満たした住宅を取得するときの金利を0.3%優遇する“フラット35S”といった住宅ローンもあります。

戻る