子ども手当による所得の変化

更新日:2010/01/01

子ども手当てが導入され、扶養控除が廃止される予定となっています。
その場合に最終的な可処分所得がどう変化するのか概算で確認してみましょう。

【前提】
①夫の年収=世帯年収(妻は専業主婦)
②子ども手当は中学までの子全員に月2.6万円支給
③児童手当廃止
④所得税の配偶者控除・扶養者控除を廃止

子ども手当による可処分所得の変化(単位 万円)
マイナス表示は、最終的な可処分所得が減額することを意味します。

年収 夫婦のみ 夫婦+
幼児
夫婦+
小学生
夫婦+
中学生
夫婦+
高校生
夫婦+
小学生+
中学生
夫婦+
中学生+
高校生
夫婦+
高校生+
大学生
300 -1.9 15.4 21.4 21.7 -1.9 50.7 28.2 0
500 -3.8 12.3 18.3 24.3 -1.9 47.6 27.4 -1.9
700 -7.6 4.4 10.4 16.4 -4.7 37.8 22.7 -3.8
900 -7.6 16.0 16.0 16.0 -7.6 39.6 16.0 -7.6
1200 -8.7 13.7 13.7 13.7 -8.7 36.2 13.8 -7.9
1500 -12.5 6.1 6.1 6.1 -12.5 24.8 6.1 -12.5

(出所:みずほ総合研究所)

戻る